第4回WBCのプールFはアメリカがドミニカ共和国に6-3で競り勝ち決勝ラウンド進出。侍ジャパン準決勝はアメリカと激突!あの「疑惑の判定」を思い出す。