スポンサードリンク 中途半端な印象が拭えない浦和・森脇による「くさい」事件。もう一方の当事者である小笠原は悲壮な覚悟で立ち上がっていた。