スポンサードリンク

女子テニスのヤナ・ノボトナさん(チェコ)ががんのため死去。1998年ウィンブルドン女王。チェコで闘病しており49歳だった。

遅咲きの名選手ヤナ・ノボトナ-がんで死去

ノボトナさんはウィンブルドン選手権女子シングルスで93、97年にも決勝に進み、ともに準優勝。99年に引退するまでシングルスでツアー通算24勝を挙げ、世界ランキングは2位が最高だった。ダブルスでも活躍し、四大大会の女子ダブルスで12勝、混合ダブルスで4勝。2005年には国際テニス殿堂入りを果たした。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000123-jij-spo

ノボトナ-「盟友」シュテフィ・グラフと対戦-動画

同世代のベテランとして共に頑張ったシュテフィ・グラフとの対戦。2人は同じ1999年に引退しています。

(広告は動画右上の「×」をクリックすれば消えます)

マルチナ・ヒンギスに敗れた97年ウィンブルドン

ノボトナを敗ったヒンギスが16歳でウィンブルドン優勝(その時の動画出せや!)。遅咲きのノボトナとは対照的な早熟選手でした。この翌年98年にノボトナは悲願のウィンブルドン制覇。

(広告は動画右上の「×」をクリックすれば消えます)

ヒンギスとは年の差12歳!一回り下のペアとして98年ダブルスで全仏オープから全米オープまで4大大会女子ダブルス3連勝も達成するなど名コンビでもありました。

 

windy3865
早すぎる。。。
ご冥福をお祈りします。、
スポンサードリンク
名無しさん
ノボトナってウィンブルドン勝ってなかったっけ?結構好きなプレーヤーやった。ご冥福をお祈りします。
名無しさん
ウインブルドン優勝してますよ。
名無しさん
グラフやナブラチロワほどではないにしても普通に強い選手だった印象がある。久々に聞いたと思ったら訃報、しかもまだ50歳前。悲しすぎる。
www.kyoro-chan.co.jp
久しぶりに名前を聞いたと思ったら訃報とは・・・悲しい。
名無しさん
そうなのか!シュテフィ・グラフと同世代で、いいところまでいくのに今ひとつだったけど、最後の最後でウィンブルドン獲れたよね。短い人生だったけど、充実していたと思う。
名無しさん
実績云々より、まだ若いのに、、、
名無しさん
当時既に女子では珍しいプレースタイルだったね。
ウインブルドンでの勝利は感動しました。
ご冥福をお祈りします。
彼女はポーランドから来た留学生
普通に素敵な人だったと思う。
ご冥福をお祈りします。
Jennifer
1991年全豪オープン決勝で逆転負けして。
彼女が泣いていたのを今でも覚えています。
それにしても、まだ若いのに。
ご冥福をお祈り致します。
名無しさん
1998年にウィンブルドンで優勝してます。
93年のウィンブルドン準優勝の表彰式で涙したとき、ケント公夫人から「あなたならできる」と声を掛けてもらって、3度目の正直で叶えた98年の優勝は今でも覚えてる。
2010年全仏のコートで観たレジェンドエキシビション。鮮やかなボレー、凛とした選手でした。
名無しさん
アラフォー世代のテニス好きなら皆知ってる。身体能力に頼らないクラシックなプレースタイルで、容姿も魅力的なプレーヤーでした。こんなに早くに亡くなるとは、本当に残念でならない。ご冥福をお祈りします。
名無しさん
ほぼ勝ちを手中にしたところから逆転で負けた最初の決勝戦。
流れが目に見えて移ったという
テニスの怖さを見た試合。
ケント公婦人の肩で涙した数年後に
グラフにリベンジして初優勝。
確かそんな記憶。
印象に残る選手でした。
早すぎますね。
ご冥福をお祈りします。
名無しさん
女王と言ったり2位と言ったり、写真は優勝時のだし。ネットは校閲しないのかな。
現役時見てました。ご冥福をお祈りいたします。
匿名
これはかなりショックです。
グラフの時代に常にそのすぐ下で競ってた選手でしたね。
常にトップ5あたりにいて、グランドスラムでもだいたい
ベスト8前後にいた、いわば名脇役的な存在。
そんな彼女がようやくウィンブルドンに優勝した時は、
誰もが喜んでいた、そんな光景でした。
そんな素晴らしいアスリートでさえ、49歳という若さで
がんで亡くなってしまうなんて。。。
人生は儚いものだと思わざるを得ないです。
名無しさん
何年だったか、、決勝でグラフに負けて表彰式でケント公爵夫人の肩を借りて泣いた時が、印象的だったな、、只その翌年か、翌々年に準決勝で伊達に勝って、優勝したんじゃなかったかな。
御冥福をお祈りします。
concon
彼女の美しいプレーが忘れられません。華麗なバックハンド、俊敏なネットプレイ、、、、。ウィンブルドンでやっとタイトルがとれたとき、胸があつくなったのを今でも思い出します。ご冥福をお祈りします。
名無しさん
彼女のようなプレースタイルの女子選手はもういない。面白い時代のテニスをリアルタイムで観れた自分は幸せだと思う。グラフ、セレス、サンチェス、マルチネス、ノボトナ、ヒンギス、ダベンポート、カプリアティ…素晴らしかった。
名無しさん
私33才ですが、彼女の世代では一番好きな選手でした。
思えば彼女の時代が伊達の存在もあって一番女子テニスを見てました。
名無しさん
伊達さんも93年の全米でノボトナに勝って初のGSベスト8入りを果たしたから、彼女のキャリアの中でも上がってくる選手だしショックだと思う。
御冥福をお祈りします。
スポンサードリンク
名無しさん
テニスを好きになるきっかけを与えてくれた選手、93年のウインブルドン決勝を観て以来、彼女をずっと応援してました。
流れるような綺麗なサーブ&ボレー、美しいバックハンドスライス、彼女のプレー程観てて楽しいテニスはありませんでした。
本当に悲しいです、心より御冥福お祈り致します。
名無しさん
シュテフィ・グラフにウィンブルドン決勝に負けて、最終セットでリードしていたのに、セレモニーでケント候夫人に声を掛けられて人目もはばからずに号泣した場面は、テニスの最も印象的な場面のひとつだと思う。早すぎる死に、ショックです。
名無しさん
ウインブルドン優勝してます。
名無しさん
98年のウィンブルドンの女王なんだから優勝なんだと理解して下さい。若い時のヒンギスとのダブルスでも優勝していて優しい品のあるプレイヤーでした、レジェンドにも出場して一生懸命でした、見ていて気持ちのいい方でした。ご冥福を祈ります。
ヤハシリーホ(京都イソムラ認定師A級)
ひとつの時代が終わった気がしてならない。
合唱
名無しさん
94年位だったと思うのですが横浜アリーナでの東レパンパシフィックに行ったとき初めて見たのがノボトナでした。サーブアンドボレーが華麗で、すぐにファンになりました。結構気短でラケット叩きつけて曲げびっくりしたのですが、他方ガラスの心臓だったりして親近感の有る選手でした。引退後も若い選手のコーチをしていたと思ったのですが、、。ご冥福をお祈りします。
名無しさん
スポーツを生業にしている人に限って早世している傾向がありますね。
医学界から言わせれば、その原因として、
体育会系は‥
1.何かと無理をする
2.自らの体を過信している
3.アルコールを飲む機会が多い
の3点があげられるそうです。
結局、健康って運動神経とは関係ないようです。
健康とは、あくまで適度な食事、適度な酒、適度な睡眠を心がけることに他ならないそうです。
どうもスポーツマンはその辺が分かってないそうです。
ただ、海外のスポーツ選手にはまた別の理由があるとも言っていました。
それは薬物です。
名無しさん
こうしてスポーツでご活躍された方が若くしてご病気で亡くなるのを知ると本当につらいですよね。まだまだやりたいことはあったと思いますが。。。心からご冥福をお祈り申し上げます。
名無しさん
グラフとのウィンブルドン決勝、このサーブをキープすれば優勝、というところでダブルフォルト連発して逆転負け。あれには驚きました。その数年後にちゃんと優勝した。素晴らしかったです。ご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
懐かしい、と思ったら訃報…。
ご冥福をお祈り致します。
名無しさん
中学生の頃、ノボトナがウィンブルドンで優勝する瞬間をテレビで観て感動したのを覚えています。彼女のプレースタイルが好きでした。
ガンで闘病中だったとは知りませんでした。
心からご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
1つの時代が終った御冥福御祈りします
名無しさん
そんなに話題には上がりませんでしたが、2015年の東レPPOのエキシビションマッチで来日していました。
日本でプレーを見ることができて良かったです。
ご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
伊達さんやグラフ、セレス、サバティーニ
等とよく活躍していたよな。
チェコは何気にテニスでも伝統があるかは
良い選手が出て来るけど、まだ若いので
残念だ。
3931
ガラスのメンタルで大事なとこで崩れるタイプだったけど、ウインブルドン優勝できて良かったです…
名無しさん
97年のグラフとの決勝は観ていて辛かった。
確か5-2かなんかでリードしていて自分のサービスで
ダブルフォルト連発して逆転されたような感じだった。表彰式の時の涙、またそれをバネに翌年
同じ相手であるグラフを倒しての優勝は感動的だった。
ご冥福を祈ります。
名無しさん
女子には珍しいサーブあんどボレーヤーだった。
ダブルス強かったよなー。
決勝で勝てない印象があるけどね。
まだ早いですが、ご冥福をお祈りします。
名無しさん
早すぎる、、、、泣
名無しさん
今の女子はストローカーしかいないけど、彼女はボレーやサーブアンドネットうまかった。もうあんな時代は来ないのか
スポンサードリンク
名無しさん
好きな選手のひとりだったので残念です。
まだ若いのに……ご冥福をお祈り致します。
名無しさん
ショックだ。
一番女子テニスを見ていた頃の選手。早すぎるわ。。
名無しさん
最近はアスリートが必ずしも長生きするわけではないと実感することが多いなあ。心臓に負担が多いテニス、サッカーかな。
名無しさん
早過ぎますね
綺麗なテニス
憧れてました
ご冥福をお祈りします
名無しさん
私が最も憧れる選手ですが、しかしテニスクラブでもノボトナの名前を出しても、ほとんど覚えていない人が現実です。グラフのような普通の人が出来ないバックハンドスライスではなく、アマチュアの手本となるようなバックハンドスライスでした。サービス&ボレーではなくオールラウンドプレイヤーと呼んで欲しいと言っていたのを今でも覚えています。
名無しさん
グラフとヒンギスにウィンブルドン決勝で負けてた印象は強いけど
確か1回ウィンブルドンで優勝してた気がする
ダブルスの優勝と混同してるのかな?
名無しさん
びっくりした。つい最近までテレビで観ていた気がする。まだ若いのに残念。
firerose
背の高い選手でしたよね。
ウィンブルドンチャンピオンになってエリザベス女王に労われた時に号泣してたのを憶えています。ご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
マジ!ショック。ノボトナは確かウィンブルドンで何回か決勝進出してやがてヒンギスを破って優勝した印象がありあの時の笑顔は印象的だった。早すぎる。
ご冥福をお祈り致します。
名無しさん
純白アンスコに胸をときめかせてた若かりし頃を思い出しました。
ご冥福をお祈りします。
名無しさん
マッチポイントを握ったのに決勝で負けてしまい、セレモニーのときにこらえきれず泣いていた場面が今でも思い出される。98年に雪辱を果たしたんですよね。背中を思いっきり反って、ためを作って、バネのように打つサーブが印象的でした。すごく好きな選手だった。
名無しさん
マッチポイントを握ったのに決勝で負けてしまい、セレモニーのときにこらえきれず泣いていた場面が今でも思い出される。98年に雪辱を果たしたんですよね。背中を思いっきり反って、ためを作って、バネのように打つサーブが印象的でした。すごく好きな選手だった。
名無しさん
ウィンブルドンの決勝でグラフに敗れケント公婦人の肩を借りて嗚咽していた姿が忘れられない。
長いラリーを嫌う生粋のサーブ&ボレーヤーだった。
名無しさん
19時7分頃最初記事を読んだ時、はじめに書かれている「1998年ウィンブルドン女王の」という部分がなかったような気がします。もしあったとしてもこんなに準優勝を強調していて愛情がなく、ノボトナさんに対し凄く失礼な記事という印象で残念でした。
名無しさん
ノボトナといえば、1993年ウィンブルドンが思い出される。
90年代のWTAを盛り上げた選手の一人だっただけに、本当にショックです。ご冥福をお祈りします。
pet
結構昔はパソコンがない時代に、お世話になったなあ
名無しさん
残念です。エネルギッシュなプレーが好きでした。
ご冥福をお祈りいたします。
先っちょから汁を出すユヅ君
素朴なチェコのお姉さんって感じで好きだったよ。決勝でなかなか勝てなくて泣いていたよね。
亡くなったなんて、信じられないなあ。
名無しさん
ノボトナかあ。全盛期はウインブルドンはじめよくテレビで見てました。グラフ・セレシュ・ナブラチロワ・サバチーニ・カプリアティ・M・J・フェルナデス・・女子テニスの面白い時代でした・・・。
TNT
早すぎるだろ
93年のウインブルドンは本当に惜しかった
グラフファンの俺から見てても気の毒なくらいの落ち込み様だった
スコバと共にチェコの女子テニスを引っ張ってたのが懐かしい
名無しさん
プレ―ヤ―時代、堅実にいつも上位にいる選手でウィンブルドンで優勝された時は努力が報いられたと感じてました。
早世は残念です、ご冥福を祈ります。

 

スポンサードリンク