スポンサードリンク

大相撲横綱・日馬富士の暴行事件。貴ノ岩の師匠である貴乃花親方は食い違う証言に対して法的手段に訴え徹底的に争う可能性があるとのこと。

貴乃花「第三者を立てます」相撲協会とガチンコ勝負か

貴乃花親方の不可解な行動。提出された貴ノ岩の診断書が鳥取県警と日本相撲協会では別で診断書を作成した医師からも疑問。日馬富士による「ビール瓶では殴っていない」との証言などなど、、、事実関係が食い違うなか、貴乃花親方は「協会に聴かれても堂々巡りだから、第三者を立てます」と徹底的にやる意向であるとの見方が強まっています。

貴乃花親方は、問題が発覚した14日の協会の聴取に被害届を取り下げる考えがないことを伝え、その後も姿勢を変えていない。その背景について、ある親方は「傷害事件として有罪に持ち込み、民事でも訴訟を起こす可能性もある。それくらい徹底して争うのではないか。それぐらい、かたくなだ」と話す。

貴乃花親方は10月25日深夜~26日未明に暴行問題が発生したのを受け、秋巡業最終日の29日に鳥取県警に被害届と診断書を提出した。貴ノ岩関は、26日以降の秋巡業にも参加し、取組を行った時には目立った外傷はなかった。さらに貴乃花親方は11月2日には九州場所宿舎のある福岡県田川市の市長を貴ノ岩関とともに表敬訪問。3日には鳥取県警からの連絡で問題を知った協会からの電話での聴取に「よく分からない」と答え、けがについては「階段から落ちた」と説明していた。

だが10日には貴ノ岩関の休場を届け出て、13日には9日付で、10月26日にけがをし「脳しんとう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋(ずがい)底骨折、髄液漏の疑い」で全治2週間との内容の診断書も提出。鳥取県警に提出したものとは内容が異なっている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000062-mai-soci

貴乃花部屋の行動に対する母親- 藤田紀子さんの見解-動画

(広告は動画右上の「×」をクリックすれば消えます)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク