マレーロのホーム踏み忘れ-審判「踏んでる写真あったらどうしよう」


スポンサードリンク

ホーム踏み忘れとなったマレーロの来日初アーチ。踏み忘れを認めて本塁打を取り消した審判は不安でいっぱいだった模様。

【36年ぶり3度目の踏み忘れだったマレーロ。】

前日、来日初アーチを放つもホームベースを踏み忘れて取り消しとなったマレーロ

前日、捕手松井雅からのアピールプレーを認めた吉本文弘審判(47)は苦悩を語った。打球方向によって変わる4審判のフォーメーションの基本に沿って、一塁から駆けつけ、本塁間近でチェック。最初は目を疑ったが、明らかな違和感があったという。経験に基づいた感性も助けに、毅然(きぜん)とアウトの判断を下した。

それでも落ち着かない。なにしろ踏み忘れによる本塁打取り消しは、36年ぶり3度目のレアケース。自信は持っていたが、アピールプレーはリプレー検証の運用対象ではないため、自分の目だけが判断材料。試合中も、試合後も「踏んでいる写真があったらどうしよう」と不安に襲われた。

ただ、日刊スポーツのカメラマンがセンターから写した写真が「証拠」を明確にとらえていた。一夜明け、吉本審判は「ニッカンさんに助けられました」。この写真を見て初めて安堵(あんど)したという。

また、マスコットのバファローブル、バファローベルの出迎えが、マレーロの走路に影響したという見方があったが、吉本審判は「もしそうだとしても、マスコットは責めないでほしいです。ファンあってのプロ野球。彼らも懸命に、盛り上げようとしたわけですから」と付け加えた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-01838225-nksports-base

《オリックス・マレーロ幻の来日1号ホームラン》

《この写真は「証拠」にはならない。ブルとベルも悪くない!》

ブルとベルが悪くないのは当たり前だのクラッカーですが、厳密に言えばこの「マレーロの右足がホームベースを外している」写真も「証拠」にはなりません。
少なくとも、とてもピューリッツァー賞を受賞できる様な代物ではありません。

普通のプロ野球選手がホームインする時の歩幅では「ほぼありえない」ですが、「左足でホームを踏んだ後に右足がホームを外して着地した写真」かもしれません。そうでないことはこの写真では証明できません。
だから

  1. 一歩前の左足が着地している写真(ホームベースに接触しているか?)
  2. 次の右足が着地している写真(ホームベースに接触しているか?)←これが今回の写真
  3. 次の左足が着地しホームを完全に通過した写真(ここまででホームベースに接触しているか?)

の少なくとも3点の連続写真でなければなりません(まあ、カメラマンはシャッターを連写することが多いですから、ニッカンさんに連続写真くらいあるでしょうけど)。
また、映像なら踏んでないことは明白に検証可能です。

逆に踏んでる写真があれば一発で証拠になります。
つまり「踏んでる証拠写真」は簡単で、厳密なる「踏んでない証拠写真」は連写でなければ難しいちゅうことです。
まさに吉本審判のおっしゃる通り「踏んでる写真あったらどうしよう」だったのです。

まあ、状況証拠では間違いないし、「踏んだ写真」はないし、リプレー検証がない以上、審判の判断が全てですよねー(適当)。

 

名無しさん
マスコットのせいにしたら少しかわいそうだね(*´Д`*)
スポンサードリンク
名無しさん
マスコットも嬉しかったんだよ!
Rockyroad
今度から、ホームランでもホームには滑り込めよ!
名無しさん
吉本さんの最後のコメントに感動した。審判も今の時代は尚更大変やわ
名無しさん
吉本の最後のコメント、らしくないな
いいとこあるじゃん
ドラゴンズファン
写真見ると、ほんと踏んでないや!
こんなことあるんだなー。
fuku26
ブル、ベルのせいにしたらあかん!
名無しさん
最近は審判を叩く事が多いので、しっかり仕事した時は、しっかり褒め称えたいと思います!ナイスジャッジです!
名無しさん
不明確な場合はリプレー検証するように規約を変更したら?
スポーツの場合、曖昧なまま終わるよりはっきりした方が納得できると思うけど。
名無しさん
前段でマスコットと絡んでても、写真を見る限りホームインの段階では全く関係ないでしょ
名無しさん
審判もドキドキだよな。
自分を信じてはいるが、もし踏んでいる写真や映像があったらどうしようと不安になる気持ちは解る。
11112224477
36年ぶり3度目の珍事でもちゃんと見ている審判やキャッチャーはさすがプロですね。
PEPERO
ホームを踏み終えて…ですから。
名無しさん
ベルたそは全く悪くないでしょ。
どう考えても踏み忘れたマレーロが悪いのだから。
それから吉本、良い事言うじゃないか。
名無しさん
審判、ナイスジャッジです!
wぐおljhg
久しぶりに、いい記事
名無しさん
こういう事案に「あっぱれ!」をあげて欲しいですね。
明日の朝、期待してますよ!
gesuzo4111
見出しが分かりずれぇ~
名無しさん
サイクルまであと三塁打だけでホームラン打ったら、ホーム踏まなければ
三塁打でサイクル達成だねえ。
名無しさん
カメラマンさん、ピュリッツァー賞ものだなw
スポンサードリンク
qqq
野球中継見ていても審判にカメラつけて迫力の映像流してるくらいなんだから、ベースの映像なんていくらでも付けられそうなものだが
名無しさん
メッセを挑発した人かぁ。
名無しさん
日刊の自慢話か…
名無しさん
審判も人間なんだよね〜
なんか良い記事。
名無しさん
審判のナイスジャッジだしナイスコメント!
名無しさん
>審判本音不安も明らか違和感で断
このタイトル、意味不明
名無しさん
最低でも、審判が要求すればビデオ判定できるくらいには改定してあげてほしい
名無しさん
タイトルがややこしい
名無しさん
ベースの踏み忘れって長い歴史で3度目ってことは普通当たり前にベースは踏むものだから、うっかり見てなかったとかできないね。審判も大変だね。
ハカランダ
ホームスルーはアウトです。
ちゃんと家に帰りましょう。
名無しさん
バッファローベルちゃんが魅力的すぎたんだよ
名無しさん
ドラゴンズ 松井のファインプレーにしておきましょ
オリックス勝ったんだから
名無しさん
リプレー検証の対象でなくても
審判が確認できるように録画はしておくべきじゃね?
その辺が日本のプロ野球ってなんか温いよね。
名無しさん
アピールプレーをリプレイ検証の対象にしない。と言うルールを、但し、ホームベースの得点に関するプレーを除く、にすればいいのだ。
名無しさん
これで少なくとも記録には残り、記憶には残った(笑)
xmaxxxa
 スポーツの審判はなにかトラブルないと注目されにくい大変な仕事。
いずれはAIに取って変わられると言われているが、どうなることやら。
名無しさん
連勝したし2日共良いとこで打ってくれたしオリックスファンは何とも思って無いで!それより期待感しかない!ゴチャゴチャ言うてるのはファン以外の人間。
名無しさん
日刊スポーツの自画自賛の記事ですか。
名無しさん
ミスジャッジではなくてよかったですね。
名無しさん
マスコットが邪魔だった。
ホーム踏んでから行けばよかった。
名無しさん
神の足
名無しさん
やっぱり審判団も後で映像や写真を見ることがあるんだな。自分のジャッジが明らかな誤審だったと知ったらどんな気持ちになるんだろう。
名無しさん
2連勝したんでどーでもいいです
名無しさん
何事も基本が大切ってこと。
名無しさん
この記事読んで、逆に誤審をしてしまった人はどういう気持ちで新聞見たんだろうと思った。
名無しさん
審判の質が問われることが多い昨今、ナイスジャッジでした
これからも頑張ってください
本当は優しいスタンスフィールドおじさん
審判も大変だろうが
場面を限定せずにチャレンジ可能にしたら
こんなことで悩む必要もあるまい
名無しさん
審判の方もしっかり観ていたことに感激しました!
名無しさん
雅人も吉本塁審もファインプレー。
カープファン
ロッテvs巨人でもベース踏み忘れでアウトって無かったっけ?
ロッテファン
ロッテvs巨人でもベース踏み忘れでアウトって無かったっけ?ホームベース踏み忘れが36年ぶりってこと?あの時は確かランナーが踏み忘れたんだっけ?
名無しさん
踏んでいないという確信があったとしても、それを言ってはいけないのが審判。
ホームから一塁に戻るときかなりドキドキしたと思う。
名無しさん
>>踏み忘れによる本塁打取り消しは、36年ぶり3度目のレアケース
イスンヨプの本塁打取り消しになったことなかった?
あれは本人の踏み忘れじゃなかったし、誤審みたいだけど
名無しさん
捕手も審判もしっかり見てるんだな
名無しさん
前に李承燁が3塁踏み忘れでアウトとされた。
翌日の新聞でかかとで踏んでる写真が掲載されたのを思い出した。
名無しさん
どんな影響があったとしてもホームランはホームベースを踏んで初めて完結するからね
名無しさん
今日は両足で踏んだからね。それなら問題ない。だが2試合連続でオーバーフェンスはえぐい。とりあえずTシャツ作ってほしい。
名無しさん
記事のタイトルちょっと雑じゃない?
まけないよ!
本塁空過はそうかもしれないが
三塁空過とされたスンヨプのはそんなに昔ではないよね?
しかも、踏んでることが後にわかるという失態。
名無しさん
いつも一生懸命なブル君ベルちゃん
叱られたんだってね
あなた達の頑張りはいつも見ているし応援してます。
落ち込まず明日も元気に明るい姿を見せてね〜

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です