平野美宇の敗因をITTFが分析?んなもん石川佳純が強いからに決まってる


スポンサードリンク

卓球韓国オープン準決勝でアジア選手権優勝の平野美宇石川佳純に完敗。国際卓球連盟(ITTF)が敗因を分析。

【平野美宇にとってITTFツアーは過酷過ぎたのか】

韓国OPの平野対石川について以下の通り分析しておられます。

ITTFの公式サイトも日本人対決で敗れた平野について「アジア選手権から始まった特筆すべき快進撃は、先輩選手の勝利とともに幕を閉じた」と紹介。準決勝は上位2シードの世界ランク3位・馮天薇(シンガポール)と石川が勝利し、「順当な結果となった」と記述している。

準々決勝までは、さすがの貫禄だった。1、2回戦はストレート勝ち。準決勝の前に同日行われた準々決勝では、世界ランク25位のツォン・ジエン(シンガポール)を4-2で破った。

《準々は「敬礼をせざるを得ない」と称賛も…準決で疲労の色、その理由は?》

平野の素晴らしいパフォーマンスは継続する」と記した準々決勝では、昨年のドイツ・オープンのU-21のシングルで敗れたジエンにリベンジとなったことを紹介。「平野の成功には敬礼をせざるを得ない。彼女は格上の選手でも恐れることなく対応し、神経質にならず、競技を楽しんでいるという感を強めている」と称賛されていたが、準決勝で苦杯をなめた。

完全アウェーのアジア選手権、次々と格上選手から金星を挙げた激闘から、わずか1週間。疲労もあったのか、石川戦は精彩を欠いてミスが目立ち、本来の攻めの卓球が鳴りを潜めた。

記事では「平野にとっては過酷なトーナメントが続いた。アジア選手権で平野が王座を獲得することを予想した人は多くはないだろう。この2週間は17歳にとって過酷だったはずだ」と日程的に厳しい状況だったと分析。「石川の勝利は、日本選手権で平野に喫した敗戦の雪辱を果たしたことを意味する」と伝えた。

これが、5月の世界選手権(デュッセルドルフ)前、最後のITTFツアーとなった。今度はドイツの舞台で輝き、アジア女王から世界女王へ。平野の挑戦は再び始まる。
引用元:Yahooニュース:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170423-00010002-theanswer-spo

《卓球韓国OP石川佳純vs平野美宇》

《17歳の平野には過酷だったか》

うーん。しんどかったですかね。体力的にも精神的にも。
なんせ「美宇はまだっ。17だから〜」ですからね。
「伊予はもうっ。51だけど〜」ですけどね。

良い加減松本伊代に怒られるよ。いやこんなクソブログに何書いても全く影響なしか、、
ちゅうか松本伊代ホントにもう51なんだもん。今年52なんだもん。

YAPPARI I・Y・O ’16 [DELUXE PACK <35th Anniversary Special>] [CD DVDセット]

価格:7,020円
(2017/4/23 18:05時点)
感想(0件)

《平野の敗因をITTFが分析?はあ?》

なにが分析だクソが。
平野美宇が石川佳純に負けた理由?
んなもん石川が強いからに決まってるやろ。

 

名無しさん
2017/04/23 12:12
中国への勝ち、韓国での負け
まあ何はともあれこれからでしょ
日本屈指の選手には違いないわけだから
名無しさん
2017/04/23 12:34
石川に気迫が感じられたな。絶対リベンジするぞっていう。この気持ちで中国選手にも向かっていってほしい。
名無しさん
2017/04/23 13:23
アジアの王者=世界王者では?
名無しさん
2017/04/23 13:19
ここで石川に負けたのもプラスになると思う
名無しさん
2017/04/23 14:06
平野がどうこうより石川を褒めるべきでは?
名無しさん
2017/04/23 12:37
準決勝は上位2シードである世界ランク3位の馮天薇(シンガポール)と石川
名無しさん
2017/04/23 12:31
互いに切磋琢磨して強くなって下さい。
名無しさん
2017/04/23 12:37
平野選手にとってはいい敗戦だったかもしれませんね。早い段階で、石川選手に負けたことで、もっと上にいけるような気がします。
なんか女子卓球はいいサイクルに乗ってる気がする。
スポンサードリンク
名無しさん
2017/04/23 12:49
石川に研究された感じがありました。真価はこれからだと思います。
名無しさん
2017/04/23 14:02
順当な結果
名無しさん
2017/04/23 14:33
違うよ
全日本で平野に負けた石川が、悔しさをバネにパワーアップしたんだよ
平野もこの悔しさをバネにパワーアップすると思う
日本卓球女子最高です
名無しさん
2017/04/23 16:34
なんかあっさり負けちゃったのであれ~って感じでした
名無しさん
2017/04/23 13:44
石川にだって意地やプライドもある そっちも褒めて上げてほしいな でも女子卓球界のレベルは益々高くなるね みんな頑張って下さい!
名無しさん
2017/04/23 16:51
過酷でも何でも負けは負け。
石川選手、褒めなけりば日本の宝。
名無しさん
2017/04/23 13:24
卓球はメンタル面に非常に左右されるスポーツで、世界トップクラスの選手ならたまたま勝ったり負けたりするもの。毎回毎回優勝して初めて世界一が認められるものです。
名無しさん
2017/04/23 13:54
真の意味で群雄割拠になったら楽しみが増えていい。しかし20代の選手がベテラン扱いってどうなんだろうw
名無しさん
2017/04/23 12:36
結果をだすとまわりから研究されるので、勝つのは容易ではないと思う。研究されても勝てる力をこれから付けないといけない、まだ若いので楽しみな選手、東京五輪では期待したい頑張れ。
名無しさん
2017/04/23 13:17
この先が楽しみな事には、変わりない。
名無しさん
2017/04/23 15:01
中国トップクラスの選手を3タテした時の平野選手なら、石川選手にストレート負けなどしないし、負けないと思います。ただ、平野選手が常に自分の卓球をして勝ち続けることは、相手あってのことですから、決して容易ではないということでしょうね。
名無しさん
2017/04/23 13:35
全く共感、国際卓球連盟が分析の通りだと感じた。
名無しさん
2017/04/23 12:55
InactiveListに入ってるからランキングにはないけど、昨年の世界ランキング1位、2位の劉詩文を舐めてはいけない。
名無しさん
2017/04/23 14:25
今回は石川佳純の勝利への執念が勝ったという感じ。疲れもあるだろうけど、まずは石川を褒めようよ。
名無しさん
2017/04/23 16:55
美宇ちゃんの前途はようよう。石川はこの一年だろう?底力が違う!石川は「火事場のくそ力」?死ぬ気で戦った!美宇ちゃんはたまには先輩を立ててやるかぐらいの仮気持ちで相手した?いいことしたよ。
名無しさん
2017/04/23 14:42
石川さんは全日本の負け試合の動画を良く見たのか、強打されたときの反応が良く、待ち構え感がありましたね。逆に平野さんは全日本と同じサーブを同じようにレシーブスマッシュされた場面がありました。
疲労と対策の差の両方ですかね。
あと、登場したときすでに変な顔をしていたので、陰で何があったのかと思っちゃいました。
名無しさん
2017/04/23 16:31
めちゃめちゃかわいいわ!
ギュってして慰めてあげたいわ!
名無しさん
2017/04/23 17:50
このようなタイトルもならない試合に、全力に勝つより自分の弱い面を試す方が賢いだよ。
美宇ちゃんは、
石川には負けた、全日本では勝った。
伊藤にも負けた、W杯では勝った。
中国リーグ戦でほぼ負けた、アジア杯では三人の中国主力を下した。
、、、、、、
さすが美宇ちゃんだ。
石川の宿題は劣等感を如何に捨てることだと思う。
名無しさん
2017/04/23 15:20
タイトなスケジュールに間違いないが、平野選手や石川選手のスキル高い戦いをしただけでも、大きな経験値になるので、調整方法や準備作業をどうするべきか、と言う課題も見つけられた事が、収穫ですね。
名無しさん
2017/04/23 16:24
平野選手が負けたのは疲労のせいか?
玉が違ったせいか?石井選手が研究した成果か?
いずれにしても中国のトップ選手を三連覇して優勝しにも拘わらず手も足も出なかった今回の敗戦は衝撃的なニュースのはず。
フィギアの影に隠れた感があるが頑張れ卓球!
名無しさん
2017/04/23 13:24
石川選手はすごく対策を練っていたように見えました。ドライブのみで押し込もうとせず、バックのコンパクトなミートでタイミングの早さをボールの速さに変える感じでした。やり方次第でこんなに展開が変わるとは戦術は大事なんですね!
名無しさん
2017/04/23 13:36
中国選手は小さめの大会ではちょくちょく負けるが、オリンピックと世界選手権だけはいつも万全の状態で臨んでくる。なので、本当の意味で実力が問われるのは次の世界選手権。近年で一番楽しみな世界選手権になりそうです。

 

スポンサードリンク

1件のコメント

  1. 現在の世界卓球界で球の打球速度で平野より早い者はいない。そこで石川は平野の得意な早いタイミングのラリーを嫌い、その領域で戦わなかった。一方平野美宇は、自分の得意な領域で戦おうとし、石川の球を早く返そうとして打点が体横より前になり、ことごとく返球がオーバーミスした。
    石川からの返球の最初の球のみを十分に引き付けて、早い速度で返すと、当然その返球も早くなる筈。以降は平野のタイミングで、どんどんラリー速度を上げて石川を圧倒できたはず。平野の早い返球に対応する為には、石川は後陣に下がるしかなくなるが、そうすると大きな角度の返球には対応能力を失う。平野得意のフォア、バック両側の角に早い球を返球して、石川を振り回せた筈。また、下がったところでカットマン対応のストップのように前後に揺さぶることもできた筈。敗因の最大の原因は、平野の得意な速さで返球しようとするあまり、球とラケットの打点が、平野の体よりかなり前になり、自爆したこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です