スポンサードリンク

深刻なノーコン病でイップスかとまで囁かれる阪神藤浪晋太郎投。香田コーチらと異例の“突貫工事”で投球フォームを修正。あ、あかん、、、

【突貫工事でフォーム修正の藤浪。そんなんで行けるんか?!】

 4月4日のヤクルト戦(京セラ)に今季初先発するも、五回に畠山の左肩付近への死球で両軍ベンチが乱闘を起こす事態に発展するなど大乱調で5回5安打9四死球2失点で黒星を喫していた。

試合後からキャッチボールで投球時にグラブの位置をベルト付近まで下げるなど試行錯誤中で「調整です」と言葉少なだった。

香田投手コーチは「もちろん修正は必要でしょう。秘密の練習」と説明し、登板間隔を空けての調整について、金本監督は「ないと思う」と話した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00000554-sanspo-base

《そんな程度でノーコン治ったら誰も苦労せんわ》

そんな小手先のことでええんでっしゃろか、、、、

今回は突貫工事、去年は懲罰の続投、、、
もっと阪神の指導者はもっと真剣に選手と向き合う必要があります。

真剣にやってるか?!