スポンサードリンク

5シーズンぶりに日本球界に復帰し、昨季最多勝(15勝)を獲得したソフトバンク・和田毅。2012年の左肘トミー・ジョン手術を乗り越えた35歳左腕は衰えを見せることがない。和田の「速球」についての興味深いデータ。

140キロでも空振り率は150キロ剛腕抑えてパ規定投球回トップ

それは「パ・リーグTV」が集計した「パ・リーグ投手の球種別空振り率」のデータ。規定投球回に到達した投手で、和田はストレートの空振り率が1位にランクしている。総投球数は2600球でストレートは1366球。うち146球が空振りで、空振り率は10.7%にあたる。

この数字、驚異的と言っていいだろう。和田のストレートといえば、常時140キロ前後で130キロ台を計測することもある。規定投球回に3イニング届かなかった日本最速165キロの日本ハム・大谷は11.2%だから、わずか0.5%しか変わらない。

理想的な投球フォーム、セの若手から教えを求められることも

 テイクバックが小さい上に打者から球の出所が見づらく、球持ちがいい。最大限にホームベース寄りのリリースポイントから放たれる直球はスピンが利いてノビが生まれ、球速表示以上に感じる。結果的に空振りが生まれるというものだ。

 いわば、剛球を持たない投手にとっては、理想的な教科書ともいえる投球フォーム。多くのアマチュア野球の現場でも手本とされているが、それは同じプロ野球選手にとっても一緒のようだ。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00010001-fullcount-base

2017/01/14 09:20
これがメジャーに行ける人の技術なのでしょう

2017/01/14 09:54

和田と上原の球には共通するものがある
見ていて小気味いい
名無しさん
2017/01/14 08:53
早稲田大学時代から奪三振マシーンでしたね。確かにTVで見ていても140キロの球でもそれ以上に速く感じる。それも和田の技術の凄さ。
名無しさん
2017/01/14 10:09
左打者のインハイに綺麗なスピンのかかったストレートを投げるコントロールも半端じゃない
一時期はどうかな?と思ったけどやっぱり和田って素晴らしい投手
昔は和田は「コントロールが悪い」「荒れ玉」と言われてましたけどね。歳とってコントロール良くなった?
名無しさん
2017/01/14 10:24
結局は、ピッチャーで最も大事なのは、打ちにくさ。そうした意味では、和田投手は、日本でも指折りの好投手。今年の大活躍と後輩の育成を期待したい。
名無しさん
2017/01/14 10:59
ダイエー・ソフトバンクの左腕エース和田投手
昨年は、新人時代2003年を彷彿させるストレートでした。
来年も肩をしっかり治して頑張って下さい。
そして現巨人の杉内投手
タイプは違いますが彼もゆったりしたテイクバックからのストレートは、140キロそこそこでも打ち辛いと、よく言われてました。
この二人が同一球団だったのが懐かしいです。
名無しさん
2017/01/14 11:16
角中選手が、和田投手のストレートはホップするから変化球って言ってましたね。
スポンサードリンク




名無しさん
2017/01/14 09:35
昨年のキャンプ時から工藤監督が説いていたけど、ホークスの若手ピッチャーには身近に有る参考書。
名無しさん
2017/01/14 12:23
上原や和田の技術に大谷の剛速球が加わったら鬼に金棒なんだけどそう簡単にはいかないよね
名無しさん
2017/01/14 09:56
たしか和田の早稲田の卒論は、自分の投球フォームの分析だったはず…
名無しさん
2017/01/14 13:44
メジャーでは怪我のタイミングと運が悪かったとしか…もう2年あれば、成功してたよなぁ
名無しさん
2017/01/14 13:18
この試合を生観戦してたけど、和田は面白いように三振を取っていて本当に凄かった。石田も今年の飛躍に期待したい。
名無しさん
2017/01/14 12:48
そこが野球の面白いところだよね、和田や山本昌、星野のように140キロ以下でも直球で勝負できたり、逆に150キロ超えてても打たれる投手はいるし、打席で見てみたい(笑)
名無しさん
2017/01/14 09:03
メジャーで活躍できるタイプではなかったけど、日本ではまだまだ長く一線でやりそうだな。若手の手本。
名無しさん
2017/01/14 08:34
初速と終速の差が少ない、とかなのかな。
上原もそんな感じとか。
打者は球がホップするように感じるとか何とか。
訓練では身につかない投げ方なのかな、と思うことがある。
名無しさん
2017/01/14 09:05
ひと昔前は、クルーンの160キロ打てるけど、山本昌のストレートは打てないとか言ってたもんね
名無しさん
2017/01/14 14:04
和田は今や「松坂世代」の旗頭。そういえば松坂さんって同僚なんですよね……差がつきすぎでしょう。
名無しさん
2017/01/14 11:07
フォーム抜きにしても和田や上原のフォーシームは質が高い
名無しさん
2017/01/14 12:45
イケメンだし、実力あるし言うことないわ。まだまだ応援してます!
名無しさん
2017/01/14 13:50
杉内も140なんてまず出ないけど奪三振マシーンだもんな。わずかなタイミングのずれやイメージとのずれで空間を支配する能力が凄い。
上原の場合、さらにコントロールが抜群なので、メジャーでもあれだけできるわけだ。
名無しさん
2017/01/14 12:22
俺が投げてもただの遅い球だが…
名無しさん
2017/01/14 13:27
もう一度、多田野投手との対決を見たかった。
名無しさん
2017/01/14 14:50
和田と能見の差って何だと思いますか?
名無しさん
2017/01/14 13:29
帰国後にここまでの活躍をするとは思わなかった
名無しさん
2017/01/14 15:04
昔、オリにも星野伸之さんがいたね。こういうタイプのピッチャーが。
名無しさん
2017/01/14 13:39
球が遅くても三振が取れるのは、星野伸之がそうだった。110kmから120kmのストレートでもプロで活躍できるってのは玄人好みのいい選手だったよね
名無しさん
2017/01/14 13:50
体感155キロ
杉内投手も同タイプ
制球も抜群
名無しさん
2017/01/14 14:20
メジャーではさっぱりだったんじゃないの。
活躍してる話を聞いたことないけど?
名無しさん
2017/01/14 13:11
球の出処もあるだろうけど、力感の少なさも大きいんじゃないか。
名無しさん
2017/01/14 09:09
確かに、中継を見ていても、ストレートで空振りをとっているイメージは強い。
そう考えると、和田のピッチングは、いつ見ても凄いと思う。
150~160㎞の球を投げる人が増えてきているなかで、こういう技術を持った選手は減ってきているかも。
今、高校野球以下で頑張っている人にも、見習ってもらいたいものだ。
そういえば、『ダイヤのA』の寺嶋先生は、主人公の沢村のフォームを描くのに、和田のピッチングフォームも参考にしていたとか聞いたことがあるな。
名無しさん
2017/01/14 12:49
山本昌も急速以上に速く見える球で伸びがあったけど、こういうタイプの投手が一番強いのかもね
名無しさん
2017/01/14 12:27
球が速けりゃ三振が獲れるってわけじゃないからね。
名無しさん
2017/01/14 13:24
ルーキー寺島も同じ系統だと思う。しかも球速もある。
名無しさん
2017/01/14 13:24
スモーキータイプのピッチャーでレベルが高いのは間違いない。理想的かと言われると難しい投げ方をしているピッチャーだと思う。まだ、涌井とか摂津の方がマネ出来るかな。
名無しさん
2017/01/14 13:08
技術よりもテイクバックが小さいのに140キロ投げられる筋力が凄いと思うが。
大谷もテイクバックを小さくすると140キロ台になるはず。
名無しさん
2017/01/14 12:24
ただホームランよく打たれてる印象あるよね
名無しさん
2017/01/14 12:50
確か今年の100人分の1の変化球部門で、角中が和田さんのストリートが最強の変化球みたいなこと言ってたな。この記事見て、改めて納得したわ。
名無しさん
2017/01/14 08:57
でも大谷ファンに言わせると
伸びるけどその分長打も打たれる大した事無い球らしい。
ちょっとそれはないわ・・・って思った。
名無しさん
2017/01/14 12:40
武田勝もそうだがこのスピードでやっていけるってすご過ぎる。
名無しさん
2017/01/14 13:45
全盛期の
和田、杉内の直球にはホレボレしたよ。
名無しさん
2017/01/14 09:59
正しい投球フォームってなんだろ?
ってことよね
名無しさん
2017/01/14 12:32
松坂にも教えてあげて
名無しさん
2017/01/14 12:31
仲根かすみが嫁でうらやましいよね。
名無しさん
2017/01/14 13:21
大谷の165キロはバットに当てられてたもんな
名無しさん
2017/01/14 11:02
記事の通りフォームでしょうね。けど怪我が多いし浅尾も怪我して駄目になった。浅尾は投げ過ぎたから復活出来ないくらい重症。
名無しさん
2017/01/14 09:54
和田投手も上原投手も、プロ野球界に入っても、
身の丈にあったピッチングスタイルと、練習
方法や、投球術・配球術を熟知してもなお、
探求心があるからだと思います。若手投手や
子供たちの、お手本ですね。
名無しさん
2017/01/14 11:19
高校時代は120キロ台で三振とりまくってた。対戦相手は口を揃えて150キロ台を感じていたらしい。
名無しさん
2017/01/14 10:02
140キロの快速球。
フォームや配球で如何に速く見せるかが、
技術でしょうね。
山本昌、和田、杉内といった左腕にこういうタイプが多い気がする。
名無しさん
2017/01/14 08:58
現代版、星野伸之。星野はもっと遅かったが、
名無しさん
2017/01/14 14:46
いくらスピードを出ても、いかに変化しても、結果が全て!!
打者に打たれなければ、それで良し。
上原&和田に、共通するところだと思います!!

 

スポンサードリンク